サービスの実績

PROJECT

【地中熱(温泉排湯熱)】

おとぎの宿 米屋 温泉排湯熱利用高効率ヒートポンプ導入による省エネルギー事業(再エネ設備工事受託)

経済産業省 平成27年度エネルギー使用合理化等事業者支援補助金

福島県須賀川市

地中熱(温泉排湯熱)

DATA

■設備・規模
・温泉排湯対応型水冷式ヒートポンプ 60HP×1台
 冷却能力:131.6KW、加熱能力:178.8KW、給湯能力:220.0KW
・貯湯槽 7.5m3
・プレート式熱交換器 熱交換量173KW
・温泉排湯熱利用高効率ヒートポンプシステム見える化モニター設置
■事業の特長
おとぎの宿米屋様では、再生可能エネルギーである地中熱の一つに分類される温泉(排湯)熱を利用しヒートポンプで給湯・暖 房・冷房することで、同施設の年間化石燃料使用量削減とCO2削減を同時化する事業 。
米屋様は今後世界基準となるビオホテルの認証を目指し今回の取り組みとなっている。
地中熱(温泉排湯熱)システムを導入することにより、フクシマ復興の見える化が国内外へ発信されることは間違いない。
  • 地中熱(温泉排湯熱)
【BIO HOTEL国際基準】
1.食べ物・飲み物は、原則BIO認証品質であること。
 農作物製品(肉・乳製品含む):有機無農薬栽培・飼育による食材と飲料を用いること
 魚:漁業者から直接購入するか、持続可能な漁業認証を受けたもの
 野生採取のきのこ、ベリー、ハーブ等:環境に配慮した収穫、地元産であることが証明されたもの
 野生の肉:漁師から直接入手した産地証明のあるもの
2.コスメ(シャンプー、せっけん、ケアクリーム、オイル等)
欧州の国際的なナチュラル・オーガニックに関する基準の認証をうけたものであること
3.EHC(エコホテル認証eco hotel certified)の認証を受け、継続的に資源マネージメントやC02排出量を改善していくこと
4.紙類
再生紙あるいは持続可能な林業の認証を受けた紙を利用。オフィス紙に限らず、トイレ・キッチンで使う紙類にも適用される。
5.エコ電力の利用
ホテルが外部から購入する電力には、原子力や化石エネルギーからの電力が含まれてはならない。
購入全量について、100%再生可能エネルギー源からの電力であるというエコ電力認証を受けた電力商品を購入すること。
欧州では、エコ電力認証のついた再生可能な電力商品は、どこの電力会社でも販売しており、電源の種類(水力、風力、ソーラー)についても選択できるケースが多い。

お問合わせ

株式会社エナジア

〒963-8033 福島県郡山市亀田二丁目11-21
Tel.024-933-7077 Fax.024-933-7066
info@enagia.co.jp